気軽にチャレンジする

女性
プチ整形など今ひそかにはやっています。私たちが抱いていた整形の概念が変わってきているようで、気軽にプチ整形を行う人が増えているんです。ですがそれには当然費用も発生してきますからその辺をどうにかしたいという人たちにやってみてもらいたいものがあります。知っている人はいると思いますが二重にするためには、アイプチ、またはアイテープが主流です。ドラッグストアで千円程度で販売されており安いものだと思いますし化粧をするときにちょっとだけ手間をかければくっきり大きな目に変わります。初めてやる人には最初二重瞼を作るのに苦労すると思いますが、何度かやればコツをつかんできます。

昔と今を比較すると化粧に対する考えが変わってきてると思います。昔なら自然そのままの表情を生かしていましたが今のファッション業界では自然体を残しつつ化粧で整形したような感じにします。化粧をしてしまえばだれでも別人のようになってしまいます。二重は女の子にとってかわいく、目が大きく見えることから誰もが憧れを抱きます。最初に言ったようなアイプチなどを使うことで自分に合った二重を手に入れることもできます。ずっと二重でいたいときは整形をせずにそのアイプチを使い続けていれば自然に二重になっています。寝るときにも使って寝ると翌朝二重になっていることもあります。使い続けていればそうなるのでやってみてください。

二重まぶたの施術歴史

カウンセリング
多くの人たち、特に女性は二重まぶたに憧れています。そんな憧れから一重まぶたの人は二重まぶたを手に入れたいと言うことで整形を行う人が多くいます。そんな二重まぶたの整形の歴史について簡単に説明します。昭和50年代まで二重まぶたになるために行われていた整形は、まぶたにメスを入れて行う切開法が主流でした。その後、顔にメスをを入れることなくまぶたの裏などを縫い合わせて行う埋没法が誕生しました。いわゆる、プチ整形と言われるもので簡単に二重まぶたを手に入れることができると言うことで、最近の人気治療の一つとなっています。また、埋没法にも、様々な種類があり、針の大きさや糸の細さなど様々なものがあります。

二重まぶたにするだけで顔の印象が大きくかわってしまいます。メイクなどの技術で目を大きく見せたりすることもできますが、やはりちゃんとした二重まぶただと印象も異なってきます。そんな二重まぶたの整形の今後の動向についてはまず今後の需要を考えると今以上に美容外科で治療を行うケースは増えていくと予測されます。その理由は、医学の進歩とともに埋没法などの手軽に行えるものがもっと手軽になっているからです。糸や針なども細いものや丈夫なものができ、安心して治療が行えるようになるからです。また今まで以上に美容整形がお手軽になり、身近なものとして広がりを見せていくため、需要も高まり、人気が出ると予測されます。

おすすめの記事